FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

そんなトコ、入れちゃイヤ (/ω\)

なんともいえない開放感に包まれながら、再びレントゲン室へと向かう

これでやっと、検査も終わり、あとは医師の所見を聞けば

この苦しみからも開放される

 

が、神様はどうも私のことが嫌いらしい

レントゲン室に入ると、医師が待ってましたとばかりに

「最後にもう一度レントゲンとりますね」

「・・・あ、またですか」

「さっき膀胱におしっこたまってたから、写りが悪くて」

「・・・?」

「造影剤のせいで、おしっこが影になってるから

肝心なところが映ってないんだよね」

「・・・ハァ」


私は渋々と再びレントゲン台に乗り、もう一度撮影される

「あれ~、まだ残ってるなぁ」

「・・・え?」

「全部出きってないみたいだね、まだ影になってるよ」

「そんなハズは・・・」

「ほら見てごらん」

そういうと、医師はさっき撮影したばかりの画像を私にも見せる

確かに、膀胱らしき丸い物体の下3分の1程度が黒い影におおわれてる

「ここがちょうど尿管が膀胱につながる所だからここが見えないとね」

「あぁナルホド~」

「もう一回トイレで残り出しちゃってきて」


残りを出してこいと言われても、さっきあれだけ出したのだから

早々でるはず無いじゃないか

と思いつつも残ってるのは事実なので、もう一度トイレに入る

案の定、出るはずもなく、5分位搾り出そうと色々試みるも

一滴も出ることはなかった


「あの~、やっぱり出ないんですけど・・・」

「ん~そんなハズは無いよ、あれだけ残ってるんだし」

「イヤ~、ウンともスンとも・・・」

「ゆっくりでいいからもう一度出してきて」


みたび、トイレであれこれ試行錯誤してみる

ジャンプ・・・

大きい方に座って・・・

思いっきり力を込めて・・・

片足立ち・・・

搾る・・・

20分近く色々やってみたが、何をやっても出ないものは出ない


「全然出ないです・・・」

「出ないの?」

「ハァ・・・」

「困ったなぁ・・・」

「エェ・・・」


「じゃぁドウニョウするか」

「ドウニョウ???」

「痛いよ~」

あ、まさか・・・

「お~い、導尿準備して~」


医師はそういうと別室へと私を連れて行く

「以前にやったことある?」

「イエ、初めてです・・・」

「ちょっと痛いけどしょうがないね」

「ハァ・・・」

「じゃそこに横になってパンツ下ろしてくださ~い」

「・・・」

さっきの看護婦さんだ

まぁ男の医師にされるよりはマシか

若い子じゃないんだし、そんなに恥ずかしい事も無いか・・・

「じゃ、お願いしま~す」

「・・・?」

その声とともに別の看護婦が、手袋をしながら入ってきた

オイオイ、若い看護婦さんに代わってるよ( ̄Д ̄;;

こんな状況とは言え、ヤッパリ恥ずかしいものはどうしようもない

でも、チェンジしてくれとは言えないし・・・

こっちにも心の準備ってもんが・・・

こっちがそんなことを考えてることなどお構いなしに

新しい看護婦さんは、事務的に言う

「ハイ、じゃパンツ下ろして、脚を開いて、腰をちょっと浮かしてください」

言葉にするのは簡単だろうが、かなり恥ずかしい格好だ、

生まれてこの方、人前でそんな体位なんてしたこと無い

 

 


・・・・うそです、何回かあります

 

どうにもならないので、言われるがまま、その体制になる

看護婦さんの片手には、輪ゴム色した管が握られている

そんな太いのが!! Σ(~∀~||;)

無理だって!!、入らないって!!


そんな私の不安をよそに、私のおち◯ちんをちょんとツマミ上げると

グッと尿道を押し広げ、手馴れた手つきで、そこに管を押しいれていく


「Σ(゜∇゜|||)はぁうっ!」

恥ずかしさが激痛に代わり、私の中に、異物が強引に入り込んでくる


「・・・ダメ、そんなトコに・・・」

口には出せないが、頭の中にはその言葉が浮かんでいる


それでも思ったよりもスムーズに管は入ったようで

見えないところから「チョロチョロ」と音が聞こえてくる


こ、これは ?

・・・小川のせせらぎ?

・・・雪解け水の流れ集まる音?

・・・春の訪れを告げる妖精さん達の足音?

・・・ココはどこ?

・・・私は誰?

あまりの恥ずかしさに、現実逃避をするのであった


想像してみて欲しい

イイ歳した30半ばの男が、パンツをひざ下まで中途半端に下ろし

脚をおっ広げて、腰を浮かして、おち◯ちんから管を垂らして

自分の意志とは無関係におしっこを垂れ流している姿を

これ以上の辱めはない・・・(ρ゜∩゜)


その後のことは、もうあんまり覚えていない

というより、半ば強制的に記憶からデリートした

覚えているのは、膀胱の直前にしっかりと石があったレントゲン写真のみだ

 

↓ ↓ ↓ もうおムコに行けない・・・

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

21:49 | 日常の徒然 | comments (26) | trackbacks (0) | edit | page top↑
痛いの標準化 | top | ゴメン、出ちゃう (* ´Д`*)=3

comments

# Re: お嬢様
こんばんは
あんなの入りっこないと思いましたが
入れれば入っちゃいますね
痛みもありましたが
それがまた・・・
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:46 | URL [編集] | page top↑
# Re: 恵理さん
こんばんは
ヤッパリ恵理さんはあるんですね
聖水プレイ・・・
頼まれればやってしまうところが恵理さんらしい

大きさの事についてはノーコメントです
ご想像にお任せします・・・
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:27 | URL [編集] | page top↑
# Re: スーパーサイドバックさん
こんばんは
どうしてもタイトルがそっち方面になってしまって・・・
もう病院シリーズは懲り懲りです
でもまたあるんだろうな~
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:24 | URL [編集] | page top↑
# Re: ぶぶちゃんさん
こんばんは
何もいわないでください
しばらく一人になりたいの
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:23 | URL [編集] | page top↑
# Re: よつばさん
こんばんは
(Ψ▽Ψ*)イヤン♪あんまり想像しないで~
(/-\*) ハジュカチ…

まだ石は出てこないので
これから痛みがくるかもしれないです
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:22 | URL [編集] | page top↑
# Re: よっちゃんさん
こんばんは
一日も早く石がでる日を待ち望んでます
この歳で・・・
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:19 | URL [編集] | page top↑
# Re: いなきちさん
こんばんは
結石だったんですけど
ほとんど痛みを伴ってないのが
幸いです
聞く話だと、ものすごく痛いらしいので
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:18 | URL [編集] | page top↑
# Re: こちくんさん
こんばんは
うむ、こちくんの弟子入り、許可します
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:17 | URL [編集] | page top↑
# Re: あみあこさん
こんばんは
痛さよりも恥ずかしさの方が
強烈でした
でも、後になって痛さが
じわじわと
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:16 | URL [編集] | page top↑
# Re: 桜子さん
こんばんは
やっと大人の仲間入りです
24歳の桜子さんはまだこれからですね(笑)

ゴム手袋が最後の砦みたいな・・
素手だったら癖になってました
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:15 | URL [編集] | page top↑
# Re: まささん
こんばんは
こんな話が3回も続いちゃって・・・
なかなかできない経験をしちゃいました
by: ねぎぞう | 2010/01/31 22:12 | URL [編集] | page top↑
# Re: しんのすけさん
こんばんは
確かにあの恥ずかしさは
癖になってしまいそうです
コレ新しい商売になるかも・・・
あ、中身は全部出ましたよ
自分は結構残りやすい体質みたいで
150ccくらいのこってました
by: ねぎぞう | 2010/01/31 20:56 | URL [編集] | page top↑
# Re:はやちゃんさん
こんばんは

人はこうやって大人になっていくんですね
by: ねぎぞう | 2010/01/31 20:54 | URL [編集] | page top↑
#
ごめん遊ばせ、辱めをうけるねぎぞう様を想像して、
笑ってしまいましたわ。
そんなに大きいの、入らなくてよ!
と思うものの、案外許容できるカラダって、不思議ですわね♪
ウフフ
by: ojousama | 2010/01/31 15:20 | URL [編集] | page top↑
#
え~、私は彼の前でおしっさせられたこと何回かあるよ。
殿方って、あんなこと見て楽しいのでしょうか?
まあ、頼まれれば何でもやる私も私ですが・・・

ねぎぞうサンのって、ツマミ上げる程度の大きさなんだぁ、ふ~ん。
by: こむらが恵理 | 2010/01/31 12:30 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは
いつもどうもありがとうございます。

タイトル結構気を使って考えてますね~
ナイス見出し(笑)
病院シリーズ、いろいろ予想ができるので
楽しみになってきましたw
またよろしくお願いします(笑)
by: スーパーサイドバック | 2010/01/30 17:49 | URL [編集] | page top↑
# こんにちは~!!
冷や冷やでした((+_+))

何と言ったらいいのやら、、、
by: ☆ぶぶちゃん☆ | 2010/01/30 15:06 | URL [編集] | page top↑
#
大丈夫ですかー?(汗)

って大丈夫じゃあないですね・・・

ゴメンナサイ。
想像力豊かにねぎぞうさんを思い浮かべ、
ニヤニヤしながら読んでしまいましたぁ(笑)
なんとも不謹慎なあたし↓

その後はどうなんでしょう?
by: よつば | 2010/01/30 14:52 | URL [編集] | page top↑
# イヤハヤ・・・
何と申し上げていいやら・・・
ご愁傷様です^^;
by: よっちゃん | 2010/01/30 10:20 | URL [編集] | page top↑
# 大変だぁ
こんばんは!
いやはや大変な目に遭いましたね。
どうやら結石があったようで、本来なら「お大事に」と言うべきでしょうが、笑うのが先でした。スマソ!

それにしても面白すぎ!
こんな夜中なので、笑い声を押さえるのに必死でした。
全くもって迷惑ですわ(笑)

やっぱり最後に取って付けときます。

お大事にぃ~
by: いなきち | 2010/01/30 01:50 | URL [編集] | page top↑
#
病院シリーズ面白いですね~
ねぎぞうさんの性癖が露わになってます!

痛いのがいいなんて・・・
なかなか到達できない境地ですね~
今日から師匠と呼ばせてください(笑)
by: こちくん | 2010/01/30 01:19 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは

痛そ~(ノ◇≦。)。
想像してしまったよ~w
by: あみあこ | 2010/01/29 23:55 | URL [編集] | page top↑
#
初体験?
ようやく・・・大人になれた?
ちゃう?
でも・・・本当に痛そうですね?
リァルにその場面見えちゃうのは何でかな~ぁ
お気の毒!
本当にお婿にいけないかも

・・・だけど、看護士さんゴム手袋なんて~ぇ
少し失礼じゃない?
汚いもの触るみたいに・・・(確かに・・・)
素手でさわってほしいよね~ぇ!v-393
by: 桜子ちゃん | 2010/01/29 23:38 | URL [編集] | page top↑
#
こんばんは^-^
すごいリアルな描写は 経験者ならでは
石が通せんぼしてたのかな?
by: まさ | 2010/01/29 23:04 | URL [編集] | page top↑
#
そりゃ~若い看護婦さんにパンチ下げられては・・・
恥ずかしいったらありゃしない(笑)
ある意味嬉しい時もありますが・・・
今回は恥ずかしいスタイルですからね。
あれっ?結局全部出たんですか?

ではでは・・・とりあえず一件落着ですかね(笑)
by: しんのすけ | 2010/01/29 22:57 | URL [編集] | page top↑
#
大変でしたね!

まあ、そんな事をされたら お婿は無理かもね~!
by: はやちゃん | 2010/01/29 22:01 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://negi4250.blog99.fc2.com/tb.php/125-00f7445e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。